インフィル事業部について

三浦工務店のインフィル事業部では、RCマンションにおける内部造作大工工事を行っています。
細かく言えば、RCマンション内部の木組みや棚木枠の加工、組立て取り付け、プラスターボード貼りを行っております。

仕事、お客様に対しての想い

【お客様に対して】
私たちの仕事は高い技術を販売することだと考えています。

職人ひとりひとりがプライドと誇りをもち日々成長して行く。
誇りを守ることは常に進行形でなければ自ら変化、成長はしないと考えます。
時に仕事の“でき”をアピールし合い高い水準で遂行することを意識しつづける。
わが社はそんな職人の集団だと自信をもっています。

追求すればするほど大工の仕事は奥深く、新しい発見を楽しみながら仕事をしています。
『私たちの技術・サービスで喜んでくれる人が必ずいる』
それを想像すれば必然的に各々が知恵を絞り、意識を高め、技術を惜しみなく注ぐことが、クオリティの高い仕事(三浦ブランド)につながると信じています。

その名に恥じぬよう、これからも日々努力し、成長し続けていこうと考えています。

山本竜司

山本竜司

【職人・働く仲間に対して】
この業界に入ったきっかけは単純に『こどもの頃から建築物を見るのが好きだった』ことです。
わたしは建築に全く無縁の経歴でこの仕事に就きました。
当初は右も左も分からなく本当に辛いことばかりでした。
しかし、一度もこの業界を辞めようと考えたことはありません
むしろ天職なんじゃないの?と今では思っているほどです。
今の仕事を自信持って誰かに話すことができる
仕事に興味を持ち楽しむ、『誰かに喜んでもらえる』
自分の仕事の意味を考えることが必ず『やりがい』につながるはずです。
同じベクトルをもつ仲間たちをもっと増やし、技術、信頼、誇り、喜びを共感し共に高まり合いながら働きたい、そう考えています。

三浦工務店 インフィル事業部部長
山本 竜司

三浦工務店の職人

家づくりには、技術力のある職人が欠かせません。
現在、建設業界は人手不足、若手不足に悩まされておりますが、三浦工務店はベテランと若手含めた大工が常時社員大工と専属大工合わせて20名以上在籍しております。それは、弊社会長が常に人不足に危機意識を持ちリーマンショックの最中でさえ人財の採用・育成に力を入れていたからです。

20名以上の職人が在籍しているため、ワンストップでマンションの大口工事を一手に引き受けることが可能です。仕事が常にある状況を作ることで、技術の向上や効率化を図ることができ、さらなる工事依頼を受けることができます。

品質に関しても厳しい自社基準を設け、新人の大工さんでも着実なステップアップを図ることが可能な手順を踏んで育てているため、多岐にわたる工事が可能となります。
優れた技術力があるのも、自社職人だからこそです。
そして、優れた職人が自社にいることは、お客様の安心にもつながります。
専属の職人で長年に渡る信頼関係があるからこそ、安心して仕事を任せています。

自慢の職人