安全・品質・地域への取り組み

三浦工務店では、これからも必要とされる企業となるために、
「安全面の徹底」「品質の向上」「地域への貢献」に社員一丸となって取り組んでおります。
安全を第一に考え、注意を払って細かなことも気配りすることで、
良い品質のモノを作ることができ、地域の皆さんにも安心して頂けると考えています。

安全面の徹底

現場美化

常に現場の整理整頓や清掃を行い、きれいな状態を維持するよう心がけています。
効率よく工事を行うためにも、現場美化は欠かせません。
現場をきれいにすることで、安全への取り組みはもちろん、品質の向上も目指しております。

整理整頓

作業中、道具が散乱したり無造作に置かれた状態は事故・怪我の元になります。
例えば、散らかった材料や道具につまずくなどの事故は、整理整頓ができていないために起きることです。
日常作業の中のちょっとした注意不足や手抜かりが、事故やケガを招いてしまいます。
常に整理整頓された状態を維持することで、安全対策にもなります。
「何かあってからでは遅い」という意識を常に持ち、毎日の作業で起こりうる危険を事前に察知し、これを防ぐために日々改善に努めております。

画像の説明

職場環境

職人の連携・コミュニケーション

連携不足・コミュニケーション不足で、人間関係がうまくいかずに問題が起きることがあります。
そのような状況だと、業務中の事故等さまざまな問題につながりやすくなりますので、互いに助け合い、声を掛け合うことで、安全対策を計っております。
また、定期的に社内イベントで花見や交流会などを行い、コミュニケーションの場も作っております。
コミュニケーションをとることで職人の連携を図り、品質の向上や現場の把握、スムーズな工事の進行にも役立っております。

労働環境の改善

これからの時代、働きやすい・働き甲斐のある労働環境をどこまで整備できるかになります。
建築工事関係の労働環境は、あまりよくないイメージがあるのではないでしょうか。
そこで弊社では、就業規則を整備することで、働きやすい環境づくりを行っております。

「就業時間の見直し」
残業体質の環境を見直し、就業時間を定めることで、遅くまで作業をしないような環境へ整備しました。
「休日・有給休暇の取得」
日曜日以外の休みをしっかり定め、有給休暇も推奨日を作るなどして取得しやすい環境をつくりました。
「健康診断の実施」
健康診断も年に一度行い、社員の健康状況を把握するようにしています。
安全対策にはもちろん、健康状況を把握することで、個々に応じた環境改善も行います。

交流会

花見

会議

このように、労働環境を整備することにより、新卒採用でも三浦工務店で働きたいと思う学生が集まってきており、さらなる人手不足解消につながっております。
休んでる分仕事が追い付かないのではと思われるかもしれませんが、社員教育の中で三浦工務店は、他社と違いチームワークを大切だと教育していますので誰かが遅れれば誰かが助けに行きます。
一人親方だけの集まりならこのような事はできませんが、在籍の長い職人さん、三浦工務店から独立した職人さん、社員大工で構成されている三浦工務店なら可能なのです。

評価制度

生産性とやりがいの見える化のため、成長を促すための評価制度を作りました。
最初に仕事を分けて仕事毎に役割、担当を決め、与えられた仕事を覚えて勤務態度も良ければちゃんと役職や給与が上がります。
評価基準は『見える化』し、公開することで、やりがいの向上にもつながっています。

品質の向上

技術力

一級技能士講習

三浦工務店では若い大工職人向けの技能士講習会を行っています。
この講習会では、資格取得だけでなく建築大工業界の地位向上、品質向上を目的とし、弊社職人だけでなく地元の工務店の職人さんも大勢参加しています。
講師は会長の三浦日出男が自ら行っています。
工務店の垣根を超え様々な職人さんが交流をもち、お互い切磋琢磨しながら技術向上に励むことができる場を提供することで那珂川市の建築業界に貢献していきたいと思います。

技能士講習

講師 三浦日出男

技能士講習

技能士講習

鎹の会

「鎹の会」とは、弊社のように職人を自社で抱えている工務店の集まりの会です。
現在、約20社ほど参加しており、年に4回程度会合を開き親睦を深めています。
目的としては、「人手が足りない時の応援要請」と、「人手が余っている時の応援要請」を円滑に行うための親睦の場であり、情報交換の場としています。

名前の由来
鎹とは建築金物の名前で桁と柱を繋げる金物で落語で子は鎹という題目もあるほど有名な金物です。
私たちもこの鎹のようにヒトとヒトを繋げるような存在になっていきたいと思い名付けました。

例えば ”A工務店は現場が忙しくて応援要請をの仲の良いB建設の社長に頼んだが断られた” や、
”C・D工務店の社長は知っているが顔見知り程度でお願いしにくい” という時に、
所長には声は掛けたが誰もいなかったと報告しよう、となる。

これをどうにかしようと思い立ち上げた事が鎹の会の始まりです。
最初は2社4人で始めましたが、少しずつ賛同者が増えて4年で約20社まで増えました。
最初はライバルが顔を合わせるわけでぎこちない所もありましたが、徐々に親睦も深まり最初の目的である相互の助け合いを円滑に行える場になりました。
今では人手が足りていない現場に応援に行っていたり、自社の仕事がない時でも忙しくしている工務店に職人さんを預けたり、という光景も見られるようになりました。

さらに、お互いに職人が行き来するので、さまざまな現場の状況を知ることができ、職人同士の情報交換により質・生産性の向上にも一役買うとともに、工務店の枠を超えた仲間作りもできています。
このメリットを活かし、鎹の会の新たな一面を作っていければと思います。

地域への貢献

イベントの開催

三浦工務店では、定期的にイベントを開催しております。
リフォームに関するお悩み事を解決する「リフォーム相談会」やお子様もお楽しみいただける「キッズ教室」、講師をお招きして「生活に役立つセミナー」も同時に開催しております。
このような取組みはお客様との関係の構築やニーズの洗い出しに役立っています。
また、イベント内での交流は社員の教育にも役立っていると考えます。
お客様とのコミュニケーションの取り方は非常に重要で、積極的に話しかけることで、顔のわかる社員の対応は工事依頼の際のお客様の安心感に繋がっています。

三浦工務店イベント

三浦工務店イベント

三浦工務店イベント

三浦工務店イベント